作品

愚痴やブラック職場は、情報発信者の味方になる

ごきげんさまです。感護師つぼ(@cango_shi)です。

現在、大学院生をしています。 以前、以下のようなツイートをしたところ20件以上のリツイートが行われました。

そうなんです。ツライ職場とか、愚痴というものが、世の中にはあふれているのです。

でも、ツイッターでつぶやくだけだと流れてしまって、もったいない。

今回は、「愚痴やブラック職場の内容は、発信者としてはネタになる。」ということについて書いていきます。

私は、普段から看護師はブログで発信した方が、仕事になると訴えていて、自分自身の事例も発信しています。

看護師がブログ発信した方がいい理由3つ

1)看護記録で、日々書くことになれている
2)愚痴やブラック職場ネタは、盛り上がる  (ストレス発散になる!)
3)不労所得を持つことは大切




看護記録で日々書くことに慣れているのは、大きな強みです。愚痴を表現するにも、写真を通してInstagramや踊りを通してTikTokなんて難しいです。ちょっとしたことならば、少ない文字でTwitterでつぶやくのも手ですが、折角盛り上がるならば収益にまで昇華させるのが大切です。

というのも、ただ愚痴で盛り上がっても、ストレスって消えていかないんですよね。また、新しく積みあがっていくものです。

しかしながら、このネタを発信することでお金に変わったりすると、不思議にも少額でも、その収益じたいがストレス発散につながっていきますし、そのお金で実際にストレス発散もできます。

月々5000円ぐらいお小遣いが手に入ると、ちょっとした奮発もできるので、大変有効です。

そして、愚痴だけじゃなくて対処法だったり、対応策だったりを発信すると、それだけでブログ収益だけではなく、遠方にいる似た立場の看護師を助けることが出来るのです。そして、多くの看護師がブラック職場などに悩まされていて愚痴がたまっています。

成功ブログと呼ばれるものの成功キーとして「読者のコンプレックス解消する記事」というのがあります。

愚痴はそのままコンプレックス解消になるますし、愚痴だけじゃなくストレス解消方法を紹介するだけでも、同じ趣味を持つ仲間と繋がるなど、いろいろと可能性が広がっていきます。



恐縮ですが、私のブログ収益に関してはすべて公開しています。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

感護師つぼ

坪田康佑4/1/1982
生まれも育ちも東京
3代続いた東京生まれの江戸っ子
国際医療福祉大学保健医療学博士課程
一般社団法人医療振興會​ 代表理事
著作
看護管理者のためのコーチング実践ガイド
臨床を動かすリーダーシップ
医歯薬出版

-作品