ユニーク 経営者

ユニーク看護師 村松静子 元祖・開業ナース 訪問看護制度創設メンバー

ごきげんさまです。感護師つぼです。

看護師の可能性を拓くのに、すでに新しい道を切り拓いている方々の活動を知ることが第一歩だと思っています。

久しぶりに看護の王道キャリアを築き上げられた方を取り上げます。「ナースが開業なんて!」と言われていた時代に「開業ナース」を創り上げた村松静子先生です。

看護学生時代に、ゲストスピーカーで、村松静子先生がいらっしゃった時のことを今でも覚えています。自分が訪問看護ステーションを開業するとは思っていなかったのですが、開業することに決心するブレーキが少なった理由の一つが村松静子先生との出会いがあったと思います。

開業を悩まれている方は、村松静子先生の本を一読することをおススメします。

村松 静子 (むらまつ せいこ)

【所属・肩書】
在宅看護研究センター     代表取締役
看護コンサルタント株式会社  代表取締役
日本在宅看護システム有限会社 取締役
日本赤十字九州国際大学    客員教授

【受 賞】第43回フローレンス・ナイチンゲール記章受章

【出 身】日本赤十字中央女子短期大学
     厚生省看護研修研究センター
     明星大学人文学部心理教育学科
     筑波大学大学院修士課程教育研究科カウンセリング専攻
【臨 床】日本赤十字社中央病院
     秋田県立脳血管研究センター
     日本赤十字社医療センター
【教 育】日本赤十字中央女子短期大学
     日本赤十字看護大学
【資 格】看護師、保健師
【専 門】在宅看護、地域看護、開業ナース

ユニークキャリア

訪問看護の制度がない時代。1980年代から訪問看護サービスを提供するための仕組みを試行錯誤とずっと作り続けられてこられた方が村松静子さんです。日本のナイチンゲールといっても過言ではないぐらい、目的のために、手段をいろいろと挑戦をし続けていらっしゃいます。会社を複数お持ちになられていることも、下記にストーリーを引用させて頂いておりますが、出来上がった会社法や制度を活用して複数生まれております。

村松静子さんの活動を参考にして制度が出来上がってきたという流れがあるので、開業ナースと名乗っていますが、訪問看護の世界では珍しい起業家ナースです。

在宅看護研究センター

http://www.nursejapan.com/enurse/

1983年2月6日、ICUで救命された一女性のご主人の一言「助けて下さい」から始まった訪問看護は、当初、11名の同志によるボランティアでした。今は亡き作家・遠藤周作氏の「ボランティアでは無理ですよ。会社でも作ったらどうですか」という後押しを受けて、1986年3月24日有限会社・在宅看護研究センター」が登記されました。1989年には創業者の本来の思いに近づくために理事会を結成、任意団体に組織替えし、その活動は1992年の新ゴールドプランで策定された老人訪問看護事業のモデルにもなりました。しかし、事業認可は公益法人のみであったため訪問看護ステーションの指定は受けられず、同年、収益部門を株式会社に、又、1995年には、看護活動の将来を見据えて「看護コンサルタント株式会社」を設立しました。これも1つの戦略だったのです。

在宅看護研究センター

時代は大きく変わりました。1999年、民間機関にも医療保険の適用が認められたのです。その時既に、「在宅看護研究センター」は任意団体の研究事業部門を残し、収益事業部門となった2つの会社の総称として動いていました。そして2005年、新会社法に則り、「日本社会に密着した専門的な看護を広く提供できるようになるために」という当初の趣旨を鑑み、有限責任事業組合(LLP)にその姿を替えたのです。

在宅看護研究センター

「ちくしょう! 俺はもっと元気なうちに君たちに会いたかったよ。そうしたら何かしてあげられたかもしれないんだ」。これまで多くの方々のご助言・ご支援があったからこそ続いてきた「在宅看護研究センター」です。このことは決して忘れてはおりません。

在宅看護研究センター

看護コンサルタント株式会社

http://www.nursejapan.com/nci/

日本在宅看護システム有限会社

http://www.e-nurse.ne.jp/ehns/main.html

日本赤十字九州国際大学

https://mottocross.jrckicn.ac.jp/

キャリアは任せるものじゃなく、切り開くもの

看護師紹介会社のキャリアコンサルタントに相談すると、どうしても決まった看護師キャリアの紹介になってしまいます。新しい道を切り開くには、自分自身の分析なども大切になってきます。紹介会社とは独立したところでキャリアコンサルティングを受けることは看護師にとっても大切な時代に突入しました。

まずは、無料キャリアコンサルティングを受けてみてはいかがでしょうか?

有料キャリアコーチング「ニューキャリア」

看護師とXを両立するには?

看護師しながら、他に何かをやることなんて出来ない!

よく耳にする言葉ですが、ユニーク看護師キャリア図鑑で紹介している人々がすごいで終わらせることはもったいないです。彼ら彼女らが活動できた背景として、柔軟な対応が出来る職場であるということがあります。

現在の職場内で新しく柔軟性をもってもらう選択肢もありますが、柔軟な職場の方に飛び込むという選択肢を活用するのも大切です。
看護師の口コミも大切ですが、キャリアエージェントに柔軟な職場環境を就職する前に交渉してもらうことも重要です。
そして、転職する際には、転職お祝い金があるところを活用すると、転職してから給与が支払われるまでの期間のお金の収入と支出のバランスをとることができます。

転職お祝い金がある転職エージェント ジョブデポ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

感護師つぼ

坪田康佑4/1/1982
生まれも育ちも東京
3代続いた東京生まれの江戸っ子
国際医療福祉大学保健医療学博士課程
一般社団法人医療振興會​ 代表理事
著作
看護管理者のためのコーチング実践ガイド
臨床を動かすリーダーシップ
医歯薬出版

-ユニーク, 経営者