ユニーク 男性看護師

ユニーク看護師 鈴木龍生 看護師×僧侶×バンド 山形 地元創生看護学

ごきげんさまです。感護師つぼです。

看護師の可能性を拓くのに、すでに新しい道を切り拓いている方々の活動を知ることが第一歩だと思っています。

ユニーク看護師図鑑をやってきたお陰で、いろいろな出会いが生まれてきました。感謝です。

紹介頂くことは多くなってきたのですが、マンパワーが足りていなくてインタビューがなかなかできていない現状です。

その中、ユニーク看護師図鑑をやりはじめたお陰で知り合った鈴木龍生さんのインタビューが無事に2021年11月9日に実施することが出来ました。

インタビューというか、初めての出会いに盛り上がってしまったので、少ししたらリベンジします♪

バンドを続けるために【看護の道】を選ばれた 鈴木龍生さんの記事読んでいってください。

鈴木龍生(すずき りゅうう

【所属・肩書】 
山形県立保健医療大学     助教
山形県立保健医療大学大学院  現役学生
いちまる訪問看護ステーション
真宗大谷派 西蓮寺       副住職
一般社団法人 Nurse-Men
ナースバンド(売れるまで名前は秘密)

【出身校】山形県立保健医療大学
【臨 床】社会医療法人二本松会 山形さくら町病院 救急病棟(スーパー救急)
     特定医療法人福知会 もみじヶ丘病院 療養病棟(開放病棟)
     特定医療法人福知会 デイケアなごみ +クリニックまほら外来+訪問看護
     いちまる訪問看護ステーション
【教 育】山形県立保健医療大学
【資 格】看護師、保健師、浄土真宗大谷派教師
【専 門】地域精神保健 パーソナルリカバリー 集団療法 家族/当事者ピア 精神病理 仏教看護、バンド、 地元創生看護学

看護師を目指した理由やきっかけ

元々寺院で産まれ小学時代に得度
そのまま寺のことをしつつバンドにハマる
バンドしながら行ける学校で看護の道へ
バンドを続けるために看護の道を選ぶ

実施しているユニークなこと

厚生労働省の地元ナース事業を実施、地元創生看護学の領域の授業を創り上げることを実施している。

週に1日は、現場の日にしていて、所属先の訪問看護ステーションから訪問調整に関しても裁量権を頂いて、質の高い看護を提供することを実践している。そのため、看護研究者(修士課程学生)×看護教員×訪問看護師という一気通貫の活動が出来ている。

そして、看護教員の領域で、地元創生看護学を担当しているために、地域を見守る家業である副住職の肩書と、コミュニティを創り上げるバンドマンという趣味が活かされている。今後は、家業のお寺で音楽を交えながら地域を創り上げていくことなど様々な活動を、修士課程卒業後は実践していく予定である。

肩書はたくさんありますが、鈴木龍生さんという個人としての軸がしっかりしているために、他の肩書がきれいに鈴木龍生さんを紹介するための一側面という状況に創り上げられています。

ユニークキャリアを選択したきっかけ

バンド解散からの別のバンド再結成 そのまま精神看護にハマる
臨床のモヤモヤを解決するために、臨床のモヤモヤを研究に帰ることを目標にアカデミックな道へ

今後やりたいこと

インクルーシブなまちづくり・専門分野(パーソナルリカバリー)の研究

リカバリー2種類
①クリニカルリカバリー 病気からの快復

②パーソナルリカバリー 誰もが持っている 自己を取り戻す快復

医師が実践するのは、①が多い。看護師が実践するのは①・②を複合して実践していく必要がある。

鈴木龍生さんインタビューより

みんなが集まって創る地域を考えて実施していきたい。ギャップを持たれている方々も、それが強みである。一人暮らしの若者にも強みがある。お互いで得意なことを集めていく地域を創り上げていきたい。

将来やらなければいけないこととして、寺を継承するということがある。寺は、自助互助公助の中心にあるところなので、地元創生看護の視点と組み合わせて地元を創り上げていく活動をしていきたい。檀家だけじゃなく、地域の人を守るための仕組み、アウトリーチの仕組みを寺に組み合わせていきたい。

看護師へのメッセージ

看護師である以前にひとである。 ひと 対 ひと の関係なくして看護は成せない。

患者である以前に ひと として、 看護師である以前に ひと として、 出遇ってお互いに解ろうとすることが第一歩。

看護師が人を救ってあげてる? よく耳にするが...あなたはどこに立っていますか?

看護師は患者を救ってあげるんじゃない。 その人は自分で救われたんだよ。

そしてその人に看護師も救われているんだよ。 そこにある看護師が看護師で在れる理由、看護が看護で在れる理由を忘れないで。 多くの人のこころの依り所になれる看護師さんが増えますように。

簡単年表

2000年 得度
2013年 看護師 保健師資格取得
2019年 真宗大谷派教師資格取得
2021年 公認心理師試験合格

リンク集

公式ツイッター

公式Facebook

https://www.facebook.com/mizuki.tanaka.357622

公式Instagram

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

感護師つぼ

坪田康佑4/1/1982
生まれも育ちも東京
3代続いた東京生まれの江戸っ子
国際医療福祉大学保健医療学博士課程
一般社団法人医療振興會​ 代表理事
著作
看護管理者のためのコーチング実践ガイド
臨床を動かすリーダーシップ
医歯薬出版

-ユニーク, 男性看護師