ユニーク

ユニーク看護師 第1回世界看護賞優勝者 アンナ・カバレ・デュバ(ケニア)

ごきげんさまです。感護師つぼ(@cango_shi)です。

看護師の可能性を拓くのに、すでに新しい道を切り拓いている方々の活動を知ることが第一歩だと思っています。

5月12日ナイチンゲールの誕生日、看護の日が近づいてきました。ということは、アスター・ガーディアンズ世界看護賞の日が迫ってきました!第一回優勝したケニア出身のアンナ・カバレ・デュバを取り上げていなかったことに気が付いたので取り上げます!

25万ドルの賞金を取得した看護師!アンナ・カバレ・デュバさんはどんな活動をされてきたのでしょうか?

賞金約3500万円!世界看護賞(Aster Guardians Global Nursing Award) 推薦応募開始 11/30まで (cango.blog)

Global Nursing Award | Aster Guardians

アンナ・カバレ・デュバ

【肩 書】カバレ・デュバ財団 創設者

【出 身】ケニア
【資 格】看護師
【専 門】看護、社会起業家

ユニークキャリア

ケニア出身のアンナ・カバレ・デュバさんが、アフリカの弱者である女性と子どもたちを守る活動に力を入れていることが評価され、アスター・ガーディアンズ世界看護賞を受賞しました。

デュバさんは、ケニアにあるカバレ・デュバ財団の創設者であり、女性と子どもに対する有害な文化的慣行に反対し、女子教育を推進している方です。

このセンターでは、女性や子どもたちに職業訓練を提供し、彼らが就労できるスキルを身につけることができます。財団はまだ5年しか開かれていませんが、デュバさんは、19人の兄弟姉妹の家族から出て、女性や子どもに対する犯罪を減らすために10年以上働いています。

財団の活動は、下記で詳しくとりあげました。

デュバさん優勝してのコメントで下記と述べています。

「この賞金で、寄宿学校を開設し、もっと多くの子どもたちが教育を受けられるようにしたいと考えています。子どもたちが長時間移動する必要がなくなるため、より多くの子どもたちが教育を受けられるでしょう。また、産婦人科のシェルターを開設したいとも考えています。私の地域では、99%の女性がサービスの不足のため自宅で出産しています。このギャップを埋めるために取り組みたいと思っています」

彼女は、「私は男性や男の子を軽視しているわけではありませんが、私たちの国では機会が平等に与えられていないため、女性と子どもに力を注いでいます。」と述べています。

公式サイト

Qabale Duba Foundation

カバレ・デュバ財団

カバレ・デュバ財団(QDF)は、ケニア北部の女性の権利を擁護するコミュニティ団体です。財団の目的は、遊牧民のコミュニティの発展を促進するために、教育、健康、社会サービス、経済的エンパワーメントへのアクセスを容易にすることです。これは、可能な限り女性と若者の希望と実績に基づいて行われます。

カバレ・デュバ財団は、これらのグループにとって自信と社会資本を大幅に向上させるために、小さなステップでも大きな意味があることを認識しています。プログラムの実施において実施される活動や介入は、女性と若者が人生のさまざまな段階で直面する問題を考慮しています。特に、私たちのプログラムは、遊牧民としての持続可能で価値ある生活を維持するための入口となる女性や若者に対する動機付けや可能性を明確に理解するように開発されています。

コミュニティの女性や若者と働く中で、私たちは彼らの家庭やコミュニティでの日々の役割や希望、特に教育、女性のエンパワーメント、母子保健、および社会における女性や若者の平和のエージェントに関連することを見ています。カバレ・デュバ財団の戦略は、これらのグループと協力して、女性と若者が社会の柱であるという認識を高め、彼らを取り残してはならないと考えています。

QDFは以下の5つの主要なプログラムを展開しています。

  1. 女性のエンパワーメント - 生理用ナプキンや下着の提供を通じて行われます。PAPAプロジェクトは、地方の村に住む女の子たちが生理用ナプキンや下着にアクセスできるようにすることを目的としています。多くの団体が同様のプロジェクトを行っていて、生理用ナプキンを寄付するだけでなく、学校に通う女の子たちにも提供しています。しかし、QDFは、女の子だけに焦点を当てることでは問題が解決しないと考えています。なぜなら、女の子たちは家に帰って、学校に通っていない母親や姉妹と生理用ナプキンを共有するからです。そのため、女の子たちが授業を欠席したり、学校を辞めたりする問題は続いています。そこで、私たちは地方の村に住む女性たちにも使い捨ての生理用ナプキンや下着を寄付することで助けを提供しようとしています。私たちの目標は、生理用ナプキンの不足が原因で学校を辞める女の子がいなくなることです。一方で、遠隔地に住む無垢な女性たちの顔にも笑顔をもたらすことです。彼女たちは生理中に布やマットレス、毛布の切れ端などを使っていました。生理が遊牧民の女性たちにとって大きな恥であり、自分たちが公衆の面前で汚れてしまうのを避けるために家を出ることができませんでした。そこで、QDFはPAPAプロジェクトを通じて、女の子や遊牧民の女性たちに尊厳をもたらしています。部族や場所、年齢に関係なく、すべての女性が尊厳ある生理を送ることができるようになることを目指しています。
  2. メンターシッププログラム - モチベーショナルスピーカーが特に村の学校を訪れ、特に女の子たちを励ますプログラムです。これにより、村の女の子たちが自分たちも夢を実現できると信じることができます。メンターシッププログラムでは、地元のコミュニティから若い専門家たちが学校を回り、自分たちの人生の物語や成功を使って生徒たちに励ましを与えます。メンターシッププログラムは小学校と中学校の両方で行われ、生徒たちにはキャリアガイダンスも提供します。また、QDFは若者や学校を卒業した人たちに対して機会の認識を高めるアウトリーチ活動を行っており、奨学金やフェローシップ、国内外の会議などさまざまな機会を試してみるように励ますこともしています。また、若者が起業家として参加するようにメンターを務めることで、自分たち自身や無職の若者たちに仕事を提供できるようになります。
  3. 母子保健・安全な出産 - QDFは、安全な出産と母子保健全般の提唱を行っています。私たちは伝統的な出産介助者(TBA)と密接に連携し、安全な出産について研修を行い、病院での出産を推奨するよう働きかけます。一方で、出産中に合併症を起こした女性(例えば、骨盤腹部腹膜炎)にも協力を求め、自宅での出産の危険性とそれに伴う合併症についてのメッセージを伝えるよう助けてもらいます。私たちの主な目的は、病院や医療施設での出産が行われた場合に防ぐことができた胎児死亡や母体死亡を撲滅することです。遊牧民の女性はまだほんの一部しか医療施設で出産しないため、合併症や胎児死亡、母体死亡のリスクが高まります。伝統的な出産介助者と連携することで、リスクの高い女性を特定し、妊婦健診や病院での出産の必要性を訴えています。
  4. 有害な文化慣習に対する闘い:マルサビット県やケニア北部全域のコミュニティは、根深い文化を持っており、それらの文化は依然として変わっていません。そのような独自の文化を保持していることが、遊牧民のコミュニティを特別なものにしていますが、一方で有害な文化慣習もまだ存在しています。女性の割礼(FGM)や早期・強制結婚は、ケニア北部のクシ語族コミュニティで行われている最も有害な文化慣習の一部です。遊牧民の女性と少女たちの権利を擁護する組織として、QDFはマルサビット県全域でFGMと早期結婚に対するキャンペーンを行っています。キャンペーンは村から村へのアプローチで行われ、ラジオ番組を通じてもFGMの影響について公開討論し、そのやめる必要性を訴えています。伝統的な出産介助者(TBA)は、村でFGMを行っているのと同じ女性たちです。そのため、QDFはこれらの女性たちを使って、FGMに反対するキャンペーンを行い、FGMの代わりに使える代替の成人の儀式についても話し合います。遊牧民のコミュニティでは、特に教育を受けていない村に住む女の子たちの90%がFGMを受けていますが、QDFはコミュニティの未獲得層にアクセスして彼女たちを支援することを決めました。早期結婚を終わらせる/最小限に抑えるための代替策として、QDFは遠隔地に住む女の子たちも含めて教育を受けることを推進しています。
  5. 平和イニシアチブ - QDFは、北部ケニアの争いのあるコミュニティ間のギャップを埋めるために、女性と若者を平和のエージェントとして活用しています。これは、異なる地域で毎年開催される国際平和デーの祝典を通じて、さまざまなコミュニティを一堂に会わせることで行われます。また、平和マラソン、平和トーナメント、若者や女性を対象とした平和メンターシップも行っています。
  6. これらの活動を通じて、Qabale Duba Foundationは、遊牧民コミュニティにおける女性や若者の権利を向上させることを目指しています。貧困や文化的な制約にもかかわらず、QDFは教育、健康、社会サービス、経済的エンパワーメントへのアクセスを促進し、地域社会の発展に貢献しています。また、QDFは女性や若者が遊牧民としての持続可能な生活を維持するための鍵となる存在であることを認識しており、彼らが自分たちの人生のさまざまな段階で直面する問題に対処するためのプログラムを実施しています。

    Qabale Duba Foundationの取り組みは、遊牧民コミュニティの女性や若者に希望と変化をもたらすことに焦点を当てており、彼らがより良い未来に向けて力を発揮できるよう支援しています。組織として、QDFは教育や健康、経済的機会の提供を通じて、遊牧民コミュニティにおける女性や若者の潜在能力を最大限に引き出すことに取り組んでいます。将来的には、Qabale Duba Foundationの活動が、遊牧民コミュニティ全体の発展と持続可能性に寄与することを期待しています。

第1回アスター・ガーディアンズ世界看護賞とは?

第1回アスター・ガーディアンズ世界看護賞は、世界中の優れた看護師を称えるために設立された賞です。アスターDMヘルスケアが主催し、厳格な審査プロセスを経て選ばれた看護師が表彰されます。各国から2万4000人以上の看護師が応募し、その中から最終的に10人の最終候補者が選ばれました。

最終候補者は、リーダーシップ、研究・革新、患者ケア、社会/コミュニティーサービスの4分野での貢献に基づいて選ばれました。優勝者には25万ドルの大賞が贈られ、他の9人の最終候補者にも賞金が贈られます。

最終審査は一般投票と審査員団との個人面接で構成されます。優勝者は、2022年5月12日(国際看護師の日)にドバイで開催される授賞祝賀イベントで発表されました。

看護師のためのユニークなキャリア切り開きにおススメ!学び教材3選

看護師のキャリアを一歩進めるために、新しい学びの機会を探していませんか?資格や語学の勉強は、自己成長やキャリアアップに大いに役立つことが知られています。ここでは、看護師の皆さんにおススメのユニークな学び教材をご紹介します。これらの教材は、専門知識の拡充やスキルの向上に役立ち、より幅広いキャリアの可能性を開く手助けをしてくれます。

語学学習

Musio Englishは、AI英会話ロボットMusioと一緒に楽しく学べるオンライン英会話サービスです。AIロボットだからこそ恥ずかしくなく練習ができます。学研が提供するKiminiと組み合わせることで、Musioとの英会話レッスンやリスニング・スピーキング・シャドーイングの練習が可能です。お手頃価格でおうち留学が実現し、いつでも何度でもMusioと英会話の練習ができます。Musioは日本と海外の教育機関でも利用されており、7日間の無料体験もご利用いただけます。

資格取得

行政書士、宅建士、QC検定、ビジネス実務法務、個人情報保護士など 多彩な資格がスマートフォンで手軽に本格的な学習ができるサービスです。
本サービスは、スマートフォンでの視聴に最適化した映像と、 オリジナルの教材を利用して、看護師の皆様に最適な学習を提供しています。
通勤途中や休憩時間などの空き時間を有効活用して、キャリアアップを目指す方に最適な学習環境を提供しています。

起業の学校

「起業の学校」は働きながら始める経営スキル学習プログラムです。3ヶ月で稼ぐ力を鍛えます。「WILLFU 社会人講座」は24才以上の全社会人が対象で、起業・副業・新規事業開発を目指す方に最適です。日本最大級の起業支援メディア「アントレ」と提携し、講師は経験豊富な黒石氏が担当。無料体験授業&説明会で起業の踏み出し方や必要なステップを学び、事業計画の立ち上げまでサポートします。お悩みの方はまずは無料体験からどうぞ。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

感護師つぼ

坪田康佑4/1/1982
生まれも育ちも東京
3代続いた東京生まれの江戸っ子
国際医療福祉大学保健医療学博士課程
一般社団法人医療振興會​ 代表理事
著作
看護管理者のためのコーチング実践ガイド
臨床を動かすリーダーシップ
医歯薬出版

-ユニーク