速報

ウェビナー10/5: コロナ渦における看護職のメンタルヘルスの今

ごきげんさまです。感護師つぼ(@cango_shi)です。 

看護師の可能性を拓くのに、すでに新しい道を切り拓いている方々の活動を知ることが第一歩だと思っています。

感護師つぼがアドバイザーをさせて頂いている看護師向けのメンタルサポートサービスを開発している株式会社Plusbase(https://plusbase.studio.site/)にて下記企画を実施します。

ユニーク看護師図鑑DiscoverActiveNurse(DANs)でも、登場して頂いたWimサクラさんが代表をしている会社です。

【オンライン限定開催 / メディア向け勉強会のご案内】 
世界メンタルヘルスデーに考える、コロナ禍における看護職のメンタルヘルスの今〜ひっ拍する医療現場で見過ごされる、「看護職のメンタルヘルスの危機」とは〜
日時:2022年10月5日(水)14:00 〜 15:20

株式会社Plusbase(本社:東京都渋谷区、代表取締役:Wim.サクラ、以下「Plusbase」)は、世界メンタルヘルスデー(World Mental Health Day)である2022年10月10日に合わせて、「世界メンタルヘルスデーに考える、コロナ禍の看護職のメンタルヘルスの今」をテーマにメディアの皆様に看護師のメンタルヘルスの現状を知っていただきたく勉強会を実施します。

当勉強会には、筑波大学大学院博士課程にて労働者の睡眠と看護師のメンタルヘルスについて研究を行っている産業医の室井慧氏と看護職向けメンタルサポートサービス「ナースビー」を開発している株式会社Plusbase代表のWim.サクラ氏が登壇します。

看護職は労働負荷の変動が大きく、メンタルヘルス領域ではハイリスクグループに分類されています。そんな中、新型コロナウイルス感染症の流行に伴い看護職の過重労働が浮き彫りとなり、社会的にも「看護職のメンタルヘルス」に関心が高まっています。Plusbaseは、急性期病棟の看護師の54%が抑うつ症状を抱えながら働いている現状に着目し、看護職に特化した心の状態を見える化するチェックツールや、結果に合わせたセルフケアツールなどを提供する看護職向けメンタルサポートサービス「ナースビー」を250名の看護職モニターとともに開発しております。

新型コロナウィルス流行から2年以上が経った現在も、第7波と呼ばれるように感染者数の増大が見られ、医療現場はいまだにひっ迫しています。「看護職のメンタルヘルス」も依然として支援を要する状況ですが、明確に支援が継続されることはありません。コロナ禍において、看護職のメンタルヘルスサポートが十分に提供されないことによって、就労継続が困難となり、医療現場の人手不足に拍車をかけています。人手不足により患者対応が困難な場面もあることから、看護職のメンタルヘルスの問題は、医療現場だけではなく、全国民の問題にも成り得ます。

Plusbaseは世界メンタルヘルスデーが迫る中、今回の勉強会で現状をお伝えするとともに、産業医の室井慧氏とPlusbase代表のWim.サクラ氏が、医療現場と看護職自身が実践できるメンタルヘルスケアをご紹介いたします。最後に、より多くの方にメンタルヘルスケアを実践していただけるよう、Plusbaseが10月リリース予定の看護職向けメンタルサポートサービス「ナースビー」をご案内させていただきます。

※ 本勉強会は zoomを活用したオンライン開催となります。

こちらの申し込みフォームに参加の 旨を記載いただけますと、アクセス方法などを記載したメールをお送りいたします。

<オンライン限定開催・メディア向け勉強会概要>

開催日時:2022年10月5日(水) 14:00 〜 15:20 (zoom 13:45 〜 入場可能) 

開催方法:Zoomを利用したオンライン開催 

参加費:無料

参加方法:こちらの申し込みフォームよりご登録ください

◎ タイムテーブル

14:00 〜開会・当日のアジェンダ説明
14:05 〜世界メンタルヘルスデーに考える、コロナ禍における看護職のメンタルヘルスの今」・室井 慧氏( 産業医)・Wim.サクラ氏 (Plusbase inc. Co-CEO)
14:50 〜質疑応答 参加者の皆さまよりご質問を募り、登壇者の方がお答えします。
15:10 〜閉会・次回のお知らせについて

◎登壇者プロフィール

産業医 室井 慧氏
筑波大学医学群医学類卒業。現在は、精神科医および複数の事業所で産業医として勤務しながら筑波大学大学院博士課程に在籍し、労働者の睡眠と看護師のメンタルヘルスについて研究を行っている。日本産業衛生学会若手優秀演題賞、日本産業衛生学会新型コロナウイルス関連セッション優秀演題賞、日本睡眠学会ベストプレゼンテーション賞受賞。

※ 室井氏が寄稿した「看護師がメンタル不調を訴えた時の人事・労務マネジメントvol.1現場管理編 ~産業医から看護管理者へのメッセージ~」は以下よりご覧いただけます。

https://medical-saponet.mynavi.jp/news/industry/detail_mental-health-management01/

Plusbase inc. Co-CEO/看護師/認定心理士/健康経営アドバイザー Wim.サクラ氏
名古屋出身スリランカ人。新卒ER時代、心身のバランスを崩し最前線を離れる。この挫折から心理学を学び、看護師・認定心理士として働く人の心の支援を行う。現在は、自身で立ち上げた株式会社Plusbaseで看護職向けメンタルサポートサービス「ナースビー」を開発中。
また、「看護師100人カイギ」を発起人として立ち上げるなど、社会課題の発信や女性が9割の看護業界での心理的側面からもエンパワーメントする活動が評価され(公財)パブリックリソース財団から「女性リーダー支援基金 ~一粒の麦~」の対象者としても選定される。他、日経新聞掲載、JWAVE、TBSラジオなど多数のメディア出演。

オンラインカウンセリングサービス

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

感護師つぼ

坪田康佑4/1/1982
生まれも育ちも東京
3代続いた東京生まれの江戸っ子
国際医療福祉大学保健医療学博士課程
一般社団法人医療振興會​ 代表理事
著作
看護管理者のためのコーチング実践ガイド
臨床を動かすリーダーシップ
医歯薬出版

-速報