ユニーク

ユニーク看護師 草間朋子 特定看護師・NPの第一人者

ごきげんさまです。感護師つぼです。

看護師の可能性を拓くのに、すでに新しい道を切り拓いている方々の活動を知ることが第一歩だと思っています。

そして、看護師の新しい働き方を切り拓いて開拓していった方々を知ることによって、新しいキャリアの切り拓き方が分かると考えています。そのようなことといったら、民間資格としてではなく、国の制度として特定看護師制度を導入していった草間朋子先生が大切だと考えて取り上げさせて頂きました。

草間 朋子 (くさま ともこ)

【所属・肩書】
東京医療保健大学 副学長

【出 身】東京大学医学部衛生看護学科卒業
【資 格】看護師
【教 育】東京大学医学部・大分県立看護科学大学・東京医療保健大学
【専 門】看護教育学、看護政策、放射線防護学、放射線影響学

1965年 東京大学医学部衛生看護学科卒業
1986年東京大学医学部放射線健康管理学教室 助教授
1998年大分県立看護科学大学 学長
1998年~2000年国際放射線防護学会副会長
日本保健物理学会会長
2004年~2006年日本看護科学学会理事
2006年~2012年
2006年~2011年
日本看護協会副会長
日本学術会議連携会員
2010年~東京医療保健大学 副学長
2014年日本看護連盟 12代会長
2016年日本NP学会理事長

ユニークキャリア

東京大学出身の看護師資格保持者の方々は、あまり臨床にいらっしゃらないですが、草間朋子さんも同じく、東京大学卒業してすぐに医学部の放射線健康管理学教室に入局します。そこで助教授までなられた後に、今の特定看護師の仕組みの基礎を創ります。

看護師の大学院教育の必要性を筆頭とした高度看護教育に関して活躍をしながら、大分の医療特区で実践が始まった特定看護師の仕組みを太田井県立看護科学大学学長になられていろいろと実践されます。

執筆実績

https://amzn.to/3zQqJ7i

東京医療保健大学

http://www.thcu.ac.jp/

〒141-8648

東京都品川区東五反田4-1-17

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

感護師つぼ

坪田康佑4/1/1982
生まれも育ちも東京
3代続いた東京生まれの江戸っ子
国際医療福祉大学保健医療学博士課程
一般社団法人医療振興會​ 代表理事
著作
看護管理者のためのコーチング実践ガイド
臨床を動かすリーダーシップ
医歯薬出版

-ユニーク